読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠初期~後期・産後の体重&お腹の大きさ&エコー写真と赤ちゃんの成長記録

2016年3月に帝王切開で次男を出産し、現在産後ダイエット中!!妊娠中(妊娠初期~後期)と産後の体重&お腹の大きさ、エコー写真を公開するブログです。赤ちゃんの生活リズム(睡眠時間や母乳育児)や成長記録、妊娠4週目頃から産後までの体の変化についても綴っています。

妊娠線、20キロ増でもできなかった理由!!予防オイルVSクリーム!?

今日は妊娠中期の最後の日、妊娠27週6日目です。

明日から妊娠後期と呼ばれる8ヶ月に突入します!!ここまで本当にあっという間でした~(o´Д`)=з 

出産予定日の4月7日まで、あと85日!!

体重管理やら今回のブログタイトルにもある妊娠線オイルで妊娠線予防のためのお手入れやら、色々とやるべきことはありますが、ゆる~く頑張っていきたいです。

 

さて、今日は妊娠線についてです。

私は、上の子の妊娠時に体重が20キロも増えてしまったんですが、妊娠線は1本もできませんでした!!奇跡ですよね~ぉお(゚ロ゚屮)屮

その一方で、体重が5キロしか増えなかった私の妹は、腰のあたりにガッツリ妊娠線ができてしまっています。。。

一体私はなぜ、体重が20キロも増えたのに、妊娠線が出来なかったのか!?

私なりに考察してみました。あくまで私の個人的な考えなんですが、読み物程度に参考にしていただければ幸いです。

 

妊娠線ができてしまった妹 VS 妊娠線ができなかった私

とりあえず、私と妹の違いを書いておきます。

◆体型の違い

まず、私は身長165cmで大きめ、体型は細身ではありますが、お尻が大きいいわゆる“安産型”。上半身は細いけど、下半身はしっかりしたタイプです。

1歳下の妹は、身長154cmで小さめ、体型は上半身はぽっちゃりしたタイプなんですが下半身は細めで足も細いしお尻も小さい、うらやましいタイプです。

肌質の違い

肌質のタイプは2人とも似ていて、かなりの乾燥肌!!特に足や腕はカサカサで、粉がふいちゃうくらい。。。

ただ、うちの母に妊娠線が出来なかったことや、姉である私も上の子のときに妊娠線ができなかったので、『妊娠線ができにくい家系』だと妹は思っていたようです。

妊娠線予防のお手入れの違い

私は、妊娠4ヶ月頃?から妊娠線オイルを使っていました。

お風呂上りに、お腹と腰、お尻と太ももくらいまでしっかりと塗っていました。特にマッサージなどをやったりした記憶はありません。ただ、ひたすら妊娠線予防のオイルを塗っただけ。めんどくさがりなもんで…(o´I`)…。

妹は、ブランド名まではわかりませんが、妊娠線予防用のクリームを使っていたそうです。たしか、たまごクラブに載っていたヤツを買った!!って言っていたので、有名なヤツだと思います。

彼女も、つわりが落ち着いた妊娠4~5ヶ月くらいからお風呂上りに妊娠線予防クリームを毎日塗っていたようです。

妊娠中の体重増加

上にも書いた通り、私は産前から20キロも体重が増えました。お腹も今回と同様、かなり前にせり出すタイプでしたし、お尻や太もももブリブリに大きくなりました。

一方、妹は産前から5キロしか増えなかったそうです。つわりがひどく、妊娠初期に体重がかなり減少し、後期つわりもあったようなので生まれる直前まで吐いていたそうです。お腹の大きさも、女の子ママらしい真ん丸でかわいい大きさでした。

 

上記に書いた、私たち姉妹の体型やお手入れ方法の違いをもとに、私に妊娠線ができなかった理由や、妊娠線ができやすいタイプとできにくいタイプを考察してみました。

 

大柄なタイプ(大きいお尻) VS 小柄なタイプ(小さいお尻)

『妊娠線ができやすいタイプ』とググってみると、必ず書かれているのが体型の違い。

身長が低く小柄なタイプの方は、お腹の中のスペースが小さいのでお腹も前に出やすいですし、その分皮膚がのびる必要があるため妊娠線ができやすいようです。

それに加えて私が思ったのは、骨盤の大きさの違い!!

私はお尻が大きく骨盤も広めなんです(ちなみに、うちの母も同じような大きなお尻です)が、妹はお尻が小さく骨盤も狭めなので、その分お腹や腰の皮膚に負担がかかってしまったんじゃないでしょうか。

ずっとコンプレックスだったこの大きなお尻も、ちょっとは役に立ったっていうことかな??

なので、背が高く大柄な方も、お尻が小さい方は妊娠線に要注意かもしれません!!

 

妊娠線予防オイル VS 妊娠線予防クリーム

私たち姉妹の妊娠線予防方法の大きな違いが、オイルを使ったか?クリームを使ったか?です。

私のまわりでは、妊娠線クリーム派の人が圧倒的に多い気がするんですが、なぜか私はオイルを使ってました。たしか梨花が使ってたから。。。とか、そういうくだらない理由だったと思います。。。(*´I`*)

ヴェレダ妊娠線予防オイル ↓↓

f:id:tonakaikaix:20160113125154j:plain

オイルって、塗ったあとに結構ベタベタするし、苦手な方も多いと思うんですよね~。

でも、私のこのひどい乾燥肌にはクリームよりオイルの強い保湿力の方が合っていたんじゃないか?って思うんです!!もしかすると、妹も私と同じ乾燥肌なので妊娠線予防クリームでは保湿力が足りなかったのかも!?

f:id:tonakaikaix:20160113133006j:plain

このオイルを塗って、妊婦さん用のデカパンや腹巻でしっかりお腹を包んでやると完璧!!っていう感じがします。オイルの香りも大好きです(〃゚∇゚〃) 最近また2本追加で購入しました♪

f:id:tonakaikaix:20160113141036j:plain

楽天市場 だと並行輸入品が安く購入できますよ♪

 

妊娠線予防オイルにしてもクリームにしても、要は自分の肌質に合ったものを選ぶことが大切なんだと思います。

しっとりタイプの肌質の方がこのヴェレダのオイルを使うと、ベタベタして気持ち悪いかもしれないですし。。。

妊娠線予防クリームでも保湿力が高いものもあるみたいで、妊娠線クリーム派の私の友人の中では、葉酸サプリで有名なベルタの妊娠線予防クリームを使っている人が多かったです。

ベルタの妊娠線予防クリーム↓↓

f:id:tonakaikaix:20160113135356j:plain

私は使ったことないんですが、保湿力が高く香りも良いそうで、産後もずっと使っているっていう友人もいました。でもこれ、結構なお値段なので。。。お金かかる~~~ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!!●~*ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノ

妊娠線クリームとオイルをダブル使いしていたっていう声もありました。ダブル使いなら完璧ですね♪

 

また少数派ですが、皮膚科でもらえる万能保湿クリームのヒルドイドやドラッグストアで簡単に手に入るニベアクリームを使っていたっていう人も。。。

ヒルドイド↓↓

f:id:tonakaikaix:20160113140833j:plain

ちなみに、私は腕や足にはこのヒルドイドを使っています。

高級なクリームよりもかな~りお手頃なのに保湿力はハンパなくて、妊娠線ケアもこれだけでいいんじゃないかって本気で思います。

普通に皮膚科でもらえるので、気になる方は皮膚科へどうぞ~♪

 

とにかく!!自分に合っている妊娠線予防オイルまたはクリームはどれなのか、をしっかり見極めることが大切だと思います!!

 

急激な体重増加も妊娠線の原因に!?経産婦さんも要注意!!

これは言うまでもない話なんですが、通常、急激な体重増加は妊娠線の大きな原因になります!!私の場合は、何か奇跡が起きただけなんです。。。Σ( ̄□ ̄lll)

やはり、急にお腹やお尻が大きくなると、皮膚がしっかりのびきれずに肉割れのような感じになってしまうようです。

では、なぜ体重が5キロしか増えなかった妹には妊娠線ができて、20キロも増えた私には妊娠線ができなかったかというと、上に書いたような骨盤の大きさの違いであったり、自分の肌質に合ったケア方法をやっていたか?が原因な気がします。

なので、乾燥肌で小さいお尻の方は、妊娠線ケアは入念に!!予防オイルとクリームのダブル使いも試してみる価値があるかもしれません。

 

また、経産婦さんもお腹が大きくなりやすい&上の子がいるので、妊娠線ケアにしっかりと時間がかけられない、などの理由で、妊娠線ができやすいみたいですよ∑ヾ( ̄0 ̄; )ノ オットッ!

私を含め、経産婦の皆さんは前回の妊娠よりも入念に妊娠線ケアを頑張りましょうね!!