読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妊娠初期~後期・産後の体重&お腹の大きさ&エコー写真と赤ちゃんの成長記録

2016年3月に帝王切開で次男を出産し、現在産後ダイエット中!!妊娠中(妊娠初期~後期)と産後の体重&お腹の大きさ、エコー写真を公開するブログです。赤ちゃんの生活リズム(睡眠時間や母乳育児)や成長記録、妊娠4週目頃から産後までの体の変化についても綴っています。

妊娠中の体重管理、日本は厳しすぎる!?イギリスとアメリカの体重計算サイト

妊娠20週1日目になりました。

お腹がどんどん重たくなって来て、立ち上がるときに『よいしょっと』が欠かせなくなってきました(´ω`。)

今日の体重は、54.7kgでなんとか55kg台にいかずに踏みとどまっています。

 

私がこんなに体重を気にして体重管理を頑張っているにも関わらず!!昨日は、アメリカ人の友人がこんなものを持って来てくれたんです。。。(。´Д⊂)うぅ・・・。

f:id:tonakaikaix:20151120112150j:plain

アメリカ!!って感じのケーキでしょ!?

 

彼女は、月に2~3回のペースでお菓子やら何やら我が家に持って来てくれます。もちろん、私が妊娠中なことは知ってますし、体重管理が大変っていうことも知ってますよ!!しかし。。。

『Why? ACOは細いから妊娠したならたくさん食べて太らなきゃダメよ!!』。。。って。。。(´△`)↓

 

アメリカでは、体重管理があんまり厳しくないってよく聞きますし、妊娠して激太りしてるセレブもよく見ますよね。

結局、海外では妊娠中どのくらい太るのが普通なの!?と思って、調べてみました。

イギリスとアメリカの体重増加の目安が計算できるサイトを見つけたので、是非やってみてください♪

心にかなりの余裕が生まれますよ!!マジで!!!!

 

 

イギリス&アメリカでの妊娠中の体重増加目安

海外では、体重管理があまり厳しくないって聞いたことがあったんですが、特に厳しくないというわけではないみたいです。いちおう日本と同じように、BMIを基準とした体重増加の目安は定められていて、太りすぎは微弱陣痛など難産になると言われています。

が!!!イギリスやアメリカの体重増加目安は、日本と比べるとかなり緩~い感じになっています。

 

まずは、日本における妊娠中の体重増加目安から↓↓

f:id:tonakaikaix:20151120125941j:plain

BMIの計算方法:妊娠前の体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

例(私の場合):51kg÷(1.65m×1.65m)=BMI:18.73

 

ということで、私の体重増加目安は7kg~10kgということになっています。ま、妊娠6ヶ月現在でもうすでに約4キロも増えちゃってるんですけどね。。。

 

では、イギリス・アメリカにおける妊娠中の体重増加目安はどうでしょう!?↓↓

f:id:tonakaikaix:20151120130617j:plain

この表でいくと、私は11.5kg~16kgも太っていいことになってますよ!!

ちなみに右端の数字は、妊娠中期以降の1週間あたりの体重増加目安となっております。

 

また、以下のURLより計算式に体重や身長を入力すると、個人の体重に合った体重増加目安を計算してくれます:

妊娠中の体重増加目安計算式(イギリス版)

私が計算してみたところ。。。

f:id:tonakaikaix:20151120132821j:plain

f:id:tonakaikaix:20151120132832j:plain

11.3kg~15.9kgは体重を増やしてOKということになってます。

こんなに太っていいなら、すっごくラクなのに~~~o(TヘTo) くぅ

 

妊娠中の体重増加の内訳

プレママタウンというサイトによると、日本における妊娠中の体重増加の内訳は、こんな感じです。

赤ちゃん:約3kg

胎盤:約0.5kg

羊水:約0.5kg

妊娠して増えた血液・水分:約2kg

妊娠して増えた脂肪:約2kg

 

では、イギリス・アメリカのサイトに掲載されている体重増加の内訳は、というと。。。

赤ちゃん:約3.3kg

胎盤:約0.7kg

羊水:約0.8kg

子宮の筋肉(筋層)の増加:約0.9kg

血液量の増加:約1.2kg

体液の増加:約1.2kg

胸の重さ:約0.4kg

妊娠して増えた脂肪(授乳のエネルギーになる):約4kg

 

日本人と欧米人では、体のつくりがそもそも違いますが。。。こんなに違うの!??っていう感じですよね。。。

 

妊娠中の体重管理、結局のところ日本は厳しすぎるの!?

上に書いた記事だけ見ると、日本の体重管理はかなり厳しすぎるように感じます。

でも、やはり日本人と欧米人では体のつくりが違いますし、海外での体重増加目安を参考にしていると大変なことになりそうな気もします。。。

しか~し!!前に『日本の低体重児率が増加している』っていう記事を、海外のサイトで読んだことがあるんです。しかもその記事では、北朝鮮なんかも引き合いに出されていて、先進国である日本が北朝鮮と同じように低体重児が増加してるっておかしな話だなぁ。。。って思った記憶があります。

(ごめんなさい、その記事を探してみたんですが発見できず。。。ソースが載せれません。)

また、イギリスのサイトでは、妊娠中に蓄えた脂肪が授乳の際のエネルギーになるとも書かれています(逆に、太りすぎると母乳が出にくくなるとも書かれていましたが。。。)。

 

個人的には、日本の妊娠中の体重管理は厳しすぎるような気もするんですが、ほとんどの産婦人科で厳しい体重管理を行っているのには、きっと大事な理由があるんでしょうね。

 

。。。というわけで、日本人として生まれた限りは、この厳しい体重管理に従うしかないようです。

でももし、体重が増えすぎて&食欲があり過ぎて、罪悪感を感じたりストレスを感じたりしているのであれば、この記事のことを思い出して、少しだけ心に余裕を持ってみるのもいいかもしれないですよ♪

 

参照&引用元:

http://www.babycentre.co.uk/a554810/weight-gain-in-pregnancy

http://www.babycenter.com/0_pregnancy-weight-gain-what-to-expect_1466.bc

http://www.premama.jp/tokushu/body/001/index.html